HOME>コラム>賢く節税対策をしよう【保険で節税ができるワケ】

賢く節税対策をしよう【保険で節税ができるワケ】

電卓と虫眼鏡

個人年金で貯蓄しながら節税しよう

将来の年金だけでは不安だからといって個人年金に加入している人が増加しています。個人年金は将来の収入という面だけでなくて、節税対策にもなることをご存知でしょうか。そのからくりは簡単で、個人年金保険料控除を受けることが出来るから節税になるんです。この個人年金保険料控除とは1年間に支払った保険料に応じて所得税や住民税を安く出来る制度です。この制度によってどれくらいの控除が受けられるのかというと所得税と住民税をあわせて6万8000円が上限となります。上限の控除を受けるためには保険料を毎月1万円程度納める必要がありますが、これぐらいならば珍しくはありません。個人年金で貯蓄をしながら節税が出来るから、とってもオトクなんです。

財布

逓増定期保険の仕組み

逓増定期保険とは会社などを経営している人なら一度は聞いたことがあるかもしれません。逓増定期保険は法人向けの保険で、補償金額が次第に増えていくという特徴があります。万が一のときに備えて加入することもありますが、それ以外にも節税対策としても加入するケースが多いです。なぜ節税対策になるのかというと、保険料の一部を損金として処理することが可能なんです。それくらいを損金として処理出来るのかは商品により違いますが、全損や半損もあります。そのため、貯蓄をしながら節税対策が可能なので法人では加入していることが多いようです。また、それ以外でも社員の退職金の財源としても有効で解約するタイミングを計算することで賢い運用が出来ます。